足の血管が目立つのなら一度病院に行ってみよう

男女

足の気になる症状

ドクター

これぐらいが重大なことに

ふと下を見たとき、足の血管が目立つときがあります。いつもこんなだったかな、気のせいかしらとすましてしまいがちですが、気をつけてください。これには原因があります。立ちっ放しや坐りっ放しで、足をずっと下げっぱなしだったときのむくみや女性ホルモンが原因しているときもありますが、遺伝、肥満からくる病気ということも考えられます。足の血管が目立つという症状を放っておくと、血栓によるエコノミー症候群や下肢静脈瘤という大きな病気に繋がる可能性があります。下肢静脈瘤というのは足の血管の病気で、血液循環が悪く血液が下肢から心臓へ戻りにくくなる病気です。血液が滞り、静脈が詰まってコブが出来てしまうのです。それにより血管が広がって浮き出てくるのです。足の血管が目立つといっても、1、2本が膨らんでいるだけの状態であれば初期症状です。足のむくみを取るマッサージや運動、バランス良い食事やサプリメント、加圧式のストッキングなどで症状を改善していきます。もしも血管が網の目状に浮き出てくるようでしたら、病院を受診します。専門家のアドバイスを受けてください。足の血管が目立つようになるということは、足の血行が悪く酸素不足になっている証拠です。足がだるい、痒い、痛い、つる、重い、浮腫むなどいろいろな症状がではじめます。足は病気のサインが出やすい箇所です。足の血管が目立つようなことがあったら放置せずに、生活習慣を改めサプリメントで栄養素を補給しながら足の健康管理に努めます。それでも症状が悪化するようでしたら、専門医を受診してください。

Copyright © 2017 足の血管が目立つのなら一度病院に行ってみよう All Rights Reserved.