足の血管が目立つのなら一度病院に行ってみよう

男女

しっかり治せる病気です

足

色々な方法を選べます

足の血管が目立つ場合には、下肢静脈瘤と言う血管の病気の可能性があります。何らかの原因で足の静脈が逆流して、血管がコブのようになり浮き出て足の血管が目立つようになるものです。急激に命に関わるようなものではありませんが、長い間放置してさらに進行すると皮膚炎や潰瘍などを起こすこともあります。足の血管が目立つ下肢静脈瘤は、40代から80代の幅広い年代で起こります。女性に多くみられて男性の3倍ほどにもなると言われています。女性に多い理由は妊娠による9月の上昇が、足の静脈弁を壊してしまうからです。遺伝によるものもありますが、長時間の立ち仕事や加齢によっても誘発されます。足の血管が目立つと人目が気になりおしゃれができなくなります。また将来的に症状が進行してしまう不安もあります。病院では様々な方法で治療することが可能です。圧力の強い弾性ストッキングを履いて、できてしまったこぶの中に血液が溜まるのを防ぐ圧迫療法と言う方法です。他にはIPL治療と言われる光を照射して改善させる方法があります。体への負担が少なく痛みもほとんどないので安心です。注射による硬化療法は、静脈瘤に硬化剤を注射して静脈瘤を消します。傷跡も残らず簡単な方法です。日本で最も多く行われている方法は、ストリッピング手術です。足の皮膚を数センチ切開してワイヤーを使い静脈を取り出す方法です。再発が少なく安全に治療することが可能です。下肢静脈瘤の種類や患者さんの希望によって様々な方法から治療することができ、足の血管が目立つという悩みを解決できます。

Copyright © 2017 足の血管が目立つのなら一度病院に行ってみよう All Rights Reserved.